ゲームの宝箱

ゲーム好きな管理人が今話題のゲームの中から気になる話題を楽しくお届けするブログ

FEエコーズ

ファイアーエムブレムエコーズ カジュアルモードがおすすめ

投稿日:2017年3月17日 更新日:

ファイアーエムブレムエコーズイメージ

キャラが死なないモード、フェニックスモードの搭載は?

エコーズの前作である、ファイアーエムブレムifから搭載された「フェニックスモード」。死んでも次のターンに生き返るという、絶対にクリアできるであろうモードは搭載されるのか?

フェニックスモードはまさに死なないモードのため、戦略というものをまったく必要とせずクリアできてしまいます。正直シュミレーションゲームとして楽しみたいのならオススメできないモードですね。でもシュミレーションゲームとしてではなく、キャラクター育成ゲームみたいな遊び方なら面白いかもしれません。

特に前作はキャラクターたちの恋愛も、ゲームを楽しむ重要な要素でしたので、そういった楽しみ方はありだと思います。

今回はフェニックスモードはない模様です(3/20追記)

 

スポンサーリンク

 

オススメなのはカジュアルモード

「カジュアルモード」というのは、キャラクターが死んでしまっても、次のマップには復活しているというモードです。ゲーム上でも死亡ではなく、「撤退」として扱われます。このモードだと自分は死なせるつもりがなかったのに、誤って死なせてしまってもそのままマップをクリアできます。もともとファイアーエムブレムにはこのモードがなく、死んでしまったキャラクターは基本的に生き返らないものでした。エンディングでのキャラクター後日談でも、死んだものとして扱われます。

ファイアーエムブレムらしい遊び方はこれ

それは「クラシックモード」。一度死んだキャラクターは生き返らないモードなので、キャラが死なないように慎重にプレイする必要があるモード。特に思い入れのあるキャラが死んでしまったときには、リセットが必須です。マップの終盤となるボス戦で死んでしまうと、そのマップをはじめからやり直すことになる鬼モード。

でも長らくこのモードがファイアーエムブレムでは普通でした。それゆえにコアなファンがいる一方で、新しいファンが増えないというジレンマを抱えていたゲームでした。前述のカジュアルモード搭載で、一気にファイアーエムブレム人口を増やしたといっても過言ではないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ファイアーエムブレムの経験者であれば、クラシックモードに挑戦するのもいいかもしれません。キャラが死んでしまうのがどうしても耐えられないなら、カジュアルモードで遊びましょう。自分の経験や考え方に合わせて難易度が選べるのも、このゲームのいいところなのですから。

これからソフト発売に向けて、新しい情報がどんどん出てくると思うので、新しい情報が入り次第お伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

-FEエコーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ 憤怒の葬列

FEエコーズ 憤怒の葬列は経験値稼ぎに最適!

ファイアーエムブレムエコーズの記事がなかなか更新できていないですが、ちゃんとプレイしています。ただレベル上げに時間がかかってしょうがないというのが本音(´・ω・`;) 今回は時短のために、追加コンテン …

ファイアーエムブレムエコーズ ダッハ

FEエコーズ ハード攻略 海賊頭のダッハを倒す 2章4

この地帯の海賊のボスであるダッハに、海賊行為をやめさせようとするセリカ。しかしダッハがそんなセリカの言葉に耳を貸すはずがない。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 海賊がさらに襲っ …

ファイアーエムブレムエコーズ アトラス

FEエコーズ ハード攻略 アトラスを山の村で仲間に

山間に作られた集落。たびかさなる盗賊たちの襲撃に脅かされている。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 ソフィア北の墓地の遭遇戦 3章2   スポンサーリンク   …

ファイアーエムブレムエコーズ

ファイアーエムブレムエコーズの特徴とは?

今回の記事では、いつものファイアーエムブレムシリーズとは異なる、エコーズの特徴を書いていきます。既存ファンの方もはじめてファイアーエムブレムをやる人も必見ですよ。   スポンサーリンク &n …

ファイアーエムブレムエコーズ 守備力の高いユニットで橋を封鎖する

FEエコーズ ハード攻略 ソフィアの平原を突破 1章7

広大なソフィアの平原にも終わりが見えてきた。ここのドゼー軍を突破すれば、解放軍のアジトまではあと少しだ。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 騎士フェルナン 1章6   …