ゲームの宝箱

ゲーム好きな管理人が今話題のゲームの中から気になる話題を楽しくお届けするブログ

エンタメ

レゴランド オープン時の感想や居心地など

投稿日:2017年4月4日 更新日:

レゴランド入り口

いつもはゲームのことを中心に書いているのですが、4月1日に名古屋市でグランドオープンしたレゴランドに行ってきたので、今回はレゴランドについて書いていきます。

レゴランドは、名古屋市港区の金城ふ頭という海に面した場所に作られた、アジア初のレゴのテーマパークです。面積は東京ドーム約2個分。USJが東京ドーム約8.5個分と比べると4分の1ほどの規模ですね。こう聞くと小さく感じるかもしれないですが、レゴランドはメインの対象年齢が小学生以下なので、単純にUSJと比べるのは違うかもしれないです。

ちなみに、対象年齢が小学生以下といっても大人だけで入ることも可能です。

入場料は大人6,900円・子供5,300円
年間パスポートは大人17,300円・子供13,300円
一日入場券で入場したその日なら、その差額で年間パスポートにアップグレードできます。
(2017年4月1日時点の価格)

 

スポンサーリンク

 

レゴランドグランドオープンの様子

レゴランドグランドオープン順番待ち

7時20分ごろ現地に到着。レゴランド近くに最近作られた立体駐車場は、8時オープンとのことで、調査不足が露呈しました(´・ω・`;)
レゴランド近くに止まる電車の、あおなみ線「金城ふ頭駅」の駐車場が、同じ値段で駐車できるということなので、そこに停めました。立体駐車場のほうが近いのですが、致し方ないです。駐車料金は休日だと最大1500円(平日最大1000円)でした。(2017年4月1日時点の価格)

その時間の待ち人数は500人くらいで、朝の4時から並ぶ人もいたとか。当日はあいにくの雨で、しかも周りが海なので寒い。邪魔になるかもしれないけど、今の時期は一枚余分に上着を持っていったほうがよさそうです。邪魔になったらコインロッカーに預けることもできます。

 

レゴランドオープニングセレモニー

前売り券を買っていたのと、早く並んでいたので8時からのグランドオープニングセレモニーを見れました。といっても後ろの方なので声だけを聞く感じになりましたが(´-ω-`)

 

アトラクションの紹介(今回遊んだもの)

通常のオープンは10時からだけど、レゴランドの運営側がお客様を待たせるのが悪いと思ったのか、もしくは予定通りなのか、この日は8時55分に開園になりました。まだ人がまばらなレゴランドをしばらく満喫。

まずは入り口から一番離れた「レゴ・シティのドライビングスクール」へ。

ドライビングスクール

レゴランドドライビングスクール

6さいから13さいの君たちは、まずはビデオで交通安全について学ぶんだ。講習の後は、信号機や交差点、他の自動車が走る、本物そっくりのコースでくるまを運転だ!

一番乗りでした。ゴーカートに乗る前に交通安全の講習があり、実際にゴーカートを運転できる時間はたったの3分と短いです。ゴーカートのスピードは最大時速6kmということでした。有料のドライビングライセンスカード(1500円)を作ることもできます。

 

レスキューアカデミー

レゴランドレスキューアカデミー

レゴランドレスキューアカデミー

体力に自信のある君たちは、ぜひレスキュー・アカデミーに入隊しよう!ここでは体力、スピード、チームワークが試される。みんなで力を合わせ、レゴ®消防車に乗って、燃えるビルを消火しよう!

レバーを二人で交互に押して消防車を進めるのですが、子供では押せないほどレバーが重いです。結局大人が頑張って進めることになりました。
まず、消防車を進めて現場まで移動します。現場では一人がホースに水を送り、もうひとりがホースを窓の穴にむけて水を噴射します。消火活動が終わったら、また消防車に戻ってレバーを押し元の場所に戻ります。とにかく疲れるアトラクションでした(´-ω-`)

 

サブマリンアドベンチャー

レゴランドサブマリンアドベンチャー

レゴランドサブマリンアドベンチャー

レゴランドサブマリンアドベンチャー

レゴ®ダイバーの一員になって、海底にある秘密の古代遺跡を探検!遺跡に潜む、本物の海の生き物やレゴモデルたちをいくつ発見できるかな?

朝は待ち時間1時間以上の人気アトラクション。でも昼過ぎに行ったら並ばなくても余裕で入れましたヽ(^◇^*)/
水族館のように魚とレゴのオブジェを見ることが話題のサブマリンだけど、乗ってみると意外と短いのが、リピーターが少ない原因ではないかと思います(と書いていますが、空いているのをいいことに3回も乗ってしまった・・・)
まぁ注目アトラクションではあるので、しばらくは混みそうですね。

 

コーストガードエイチキュー

レゴランドコーストガードエイチキュー

コースト・ガード本部に入隊し、モーターボートを操縦しよう。クネクネした水路を突破だ!

自分でハンドルとアクセルを調節してボートを進めます。うまく運転しないとすぐに横の壁にぶつかるので、慣れないと意外と厳しいですよ。もちろんぶつかっても全然大丈夫ですけど。

 

オブザベーションタワー

レゴランドオブザベーションタワー

レゴランド®ジャパンを一望しよう!シンボルでもある展望タワーの高さはなんと50メートル。高いところから何がみえるかな??

地上から50メートルの高さまで人を乗せて上がることができるタワー。安定しているので恐怖感は全然ありません。写真は一番上までいったときに撮ったもの。人がアリンコのように小さいです( ̄ー ̄)

 

ブリックパーティー

レゴランドブリックパーティー

パークに入ると最初に見えるよ!このメリーゴーランドには、色々な動物や乗り物がたくさん。君たちのお気に入りを見つけて、さぁ出発だ!

レゴで作られたメリーゴーランドです。レゴの中でも幼児向けの「デュプロ」のデザインですね。レゴで作られている以外は、いたって普通のメリーゴーランドでした。逆にメリーゴーランドにこれ以上を求めるのも違うかも?

 

ロストキングダムアドベンチャー

レゴランドロストキングダムアドベンチャー

冒険用のくるまに乗り込んで古代寺院の遺跡を探検しよう。レーザー銃を使って盗まれた宝物を取り戻そう!

レーザー銃の光を的に当てると、得点が入るゲーム。乗り物がクルクル回るのでなかなか難しい。的の色によって得点が違って、青色の的が500点、他は忘れました、すいません(´-ω-`)

 

マーリンチャレンジ

レゴランドマーリンチャレンジ

© 2017 The LEGO Group. LEGOLAND is a part of Merlin Entertainments Plc.より引用

このメリーゴーランドでは、汽車が素早く坂道をクルクル回るよ!

同じところをぐるぐる回るだけの乗り物なんですけど、意外に速くて小さい子なら充分に楽しめますヽ(^◇^*)/

 

ドラゴンアプレンテス

レゴランドドラゴンアプレンテス

© 2017 The LEGO Group. LEGOLAND is a part of Merlin Entertainments Plc.より引用

小さな君たちでも楽しめるミニ・ローラーコースター。サイズはミニだけど、スリルは満点!さあドラゴンに乗って冒険しよう!

レゴランドのジェットコースターには2種類あって、大人が楽しめる大きなジェットコースターと、子供でも楽しめる小さなジェットコースターがあります。これは小さな方ですが、意外にしっかり作られていると思います。大人向けジェットコースターに慣れている人には物足りないでしょうけど(^_^;)

 

スプラッシュバトル

レゴランドスプラッシュバトル

© 2017 The LEGO Group. LEGOLAND is a part of Merlin Entertainments Plc.より引用

海賊船に乗り込んで、海賊がウヨウヨする大海原に出航だ!水が出る大砲を使って、海賊たちをねらい撃ち!

みんながカッパを着て入って行くので、スタッフに聞くと「結構濡れます」とのこと。カッパを持っていないし、レゴランドに売っているけどそのために買うのも面倒くさいということでやめました。カッパ(レゴランドのロゴが入った)の値段は、確か大人用600円、子供用450円だったと思います。

 

ミニランド

 

レゴランド・ミニランド

© 2017 The LEGO Group. LEGOLAND is a part of Merlin Entertainments Plc.より引用

東京,大阪,京都,そして名古屋。たった1日ですべてが見られるのは世界中でもここだけ。驚くような景色やまちなみを10,496,352個のレゴ®ブロックで再現しているよ!

レゴブロックで作った街・富士山・ナゴヤドーム・名古屋城などが並ぶミニランド。行く前はただ展示してあるだけだろうと思っていたのですが、ボタンが設置してあって押すと音楽が流れたりブロックが動いたりと、意外と楽しめる場所でしたヽ(^◇^*)/

 

レストランの紹介(今回入ったもの)

ブリックハウスバーガー

レゴランドブリックハウスバーガー

レゴランドブリックハウスバーガー

レゴランドブリックハウスバーガー

レゴランドブリックハウスバーガー

レゴランドブリックハウスバーガー

ハンバーガーパティはビーフ100%!荒めの挽き肉で肉感を味わおう!

建物の1階にレジと厨房があって、2階が食事スペースとなっているお店です。入った時間が11時で昼にはちょっと早かったからか、そんなに混んでいませんでした。室内だけでなくテラス席もあります(雨のため誰もいないけど)。ポテトは揚げたてで美味しくいただけました。個人的な感想ですが、バーガーの味はマックよりは上でモスよりは下だと思う。それにしても値段が高いかな。ネズミの国のバーガーはポテトとドリンクのセットで1000円くらいなのに対し、レゴランドでは1360円ですからね。ただボリュームは満点でした。

ビーフバーガー690円(ポテト&ドリンクセット1360円)
チーズバーガー720円(ポテト&ドリンクセット1390円)
キッズセット1000円(ドリンクが小さい以外は他のセットとあまり変わらない印象)
(2017年4月1日時点の価格)

 

ウォークザプランクスナック

レゴランドウォークザプランクスナック

ウォーク・ザ・プランク・スナックはシュガーとチョコレートの2種類のチュロスが楽しめるスナックスタンドだよ!

プレーンのチュロスを食べてみました(写真は撮り忘れました)ホットコーヒーも頼んだけど普通に美味しかったです。当日のレゴランドが寒くて、ホットコーヒーのような温かいものが貴重でした(´-ω-`)

 

スポンサーリンク

 

不満点をあげてみます

レゴランドトイレ

トイレの便座が冷たいのが地味につらいのと、温水洗浄便座ではないです(少なくとも男子用は)。手洗いでお湯は出るのになぁ。これから暑くなるので当面はいいけど、冬の時期はせめて温かい便座にして欲しい。
あっトイレはキレイでしたよ、新しいのもあるけれど、よく掃除が行き届いていました(^^)

 

まとめ

レゴランド自体は小学生以下向けなので、大人だけで行くと物足りないと思います。あとは入場料や飲食代など、全体的に料金が高いですね。愛知県には無料もしくは低料金で遊べる場所が沢山あるので、興味本位で一度は行ってみるとしても、2度目行く人はどれくらいいるのだろう。もちろんオープンしたばかりなのでまだなんとも言えないですけど・・・。
とはいっても、子供にとってはすごく楽しめる場所なのは間違いないです。広くて待ちが当たり前のネズミの国よりも、広すぎず待ち時間があまりないレゴランドのほうが、子供にとっては楽しいのではないかと思いました。比較的近くに住んでいて、年間パスポートがある人は間違いなくリピートするでしょう。
あと、この記事はアトラクションばかり載せていますけど、ところどころにレゴブロックが置いてあったり、ジャングルジムのような場所があったりします。
1日でアトラクションを制覇する楽しみ方もできますし、子供のペースに合わせていろいろな体験をするのも楽しいかと思います。

 

長くなりましたが、この記事がこれからレゴランドに行こうと思っている方の参考になれば幸いです(^^)

 

スポンサーリンク

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

関連記事はありませんでした

error: copyはご遠慮ください