グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

ファイアーエムブレム

FEエコーズ ハード攻略 森の村でリュートが仲間に

投稿日:2017年5月6日 更新日:

ファイアーエムブレムエコーズイメージ

ドゼーの砦攻略の前に補給地として立ち寄った村。ドゼーやリゲルの兵隊に無茶苦茶にされてしまったと嘆く村人たち。

 

前の話はこちら

FEエコーズ ハード攻略 リゲル将軍ベルクトと戦う 3章11

 

加入ユニット・入手アイテム

加入ユニット クラス 加入レベル 加入条件
リュート 魔道士 7 話しかける

 

入手アイテム 入手場所
オレンジ 出入り口
飲み水 鍛冶屋
飲み水 広場
小麦粉 広場
オレンジ 民家1
記憶の欠片 民家2

 

攻略メモ

アルム軍としては、はじめての鍛冶屋がある村。錆びた武器・防具を鍛え直し、戦力を増強しましょう。

 

ストーリー紹介(ネタバレ注意)

ここからはネタバレ含むので、これからプレイする人は閲覧注意です。

 

リュートが仲間になる

魔道士のリュートによると、リュートの妹デューテが、リゲル軍の妖術師タタラに連れ去られたらしい。デューテは高い魔道の才能を持っていて、そこをタタラに目をつけられてしまった。そしてタタラに操られ、北の水門を守っているという。

リゲルの目的は、水門を閉じ続け、ソフィアを水に沈めること。解放軍としてもそれは阻止したい。タタラさえ倒せば、デューテはもとに戻るということだ。リュートも仲間に加わってくれるというので、アルムは力を貸すことにした。

 

 

クレーベの葛藤

村を出るときに、アルムはクレーベに呼び止められる。村娘一人を救うために解放軍を動かしてもいいのか?ということだった。それに対してアルムは「一人のために軍を動かすことがいいと思っているわけではないし、すべての人を救えるとも思っていないよ」と答える。

「さらわれたのがお姫さまだったら、クレーベは命をかけてでも救けにいくのだと思う。でもそれは、平民だとか貴族だとかそんな理由であってはいけないんだ。僕はできるかぎりの人を救けたい。だから力を貸して欲しい」そう言うアルムに、クレーベは沈黙してしまった。

 

 

以下村人から聞いた話

リュートとデューテは、魔道の才能が高い祖先の血をひく者。このことは、この村の者と国王しか知らぬはず。いったい誰がリゲルにもらしたのか・・・。

噂では、ドゼーに捕まっているマチルダが、近々見せしめに処刑されるらしい。マチルダと将来を誓いあった仲のクレーベは、さすがに動揺の色を隠せない(。・人・`。))

もう少しで美人のマチルダさんが仲間に。処刑される前に、早く助け出さないと(●´艸`)

 

続きはこちら

FEエコーズ ハード攻略 マチルダの処刑 3章12

 

エコーズの記事をまとめましたのでご利用ください

ファイアーエムブレムエコーズ特集

 

-ファイアーエムブレム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 解放軍のアジトでアルムがリーダーに?

いよいよ解放軍のアジトに着く。でもクレーべと会うためには墓地を抜けるという試練が。墓地にはゾンビやスケルトンが多数おり、それらをやっつけて奥のアジトを目指そう。   前の話はこちら FEエコ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 迷いの森を抜けて賢者ハルクに会いに行く

さすがに迷いの森だけある。同じ風景が続くので、自分がどこにいるかわからなくなります。幸いそんなに広くはないので、グルグル回っているうちに賢者の里にたどりつけます。   前の話はこちら FEエ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズをあらかじめダウンロードしてみた感想と聖なる井戸とは

目次1 ファイアーエムブレムエコーズをあらかじめダウンロードしてみました2 聖なる井戸の水を飲むと特定の能力が上昇する3 実際にダウンロードしてみた感想4 あらかじめダウンロードとは ファイアーエムブ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 盗賊王ギースの砦 3章6

セリカたちはギースの砦にせまっていく。慌てたギースは、残った部隊(ディーンかソニア)は何をしてやがると悪態をつくが、残った彼らはいっこうに動く気配がない。   前の話はこちら FEエコーズ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ノーヴァ島の墓地でゾンビ出現 2章1

ノーヴァ島を出てソフィアに向かうには海を渡るしかない。そして海に出るには港に行き船に乗る必要がある。港に向かうためには、魔物が出るという墓地を通らなければならないのだった。   前の話はこち …