グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

ファイアーエムブレム

ファイアーエムブレムエコーズ カジュアルモードがおすすめ

投稿日:2017年3月17日 更新日:

ファイアーエムブレムエコーズイメージ

キャラが死なないモード、フェニックスモードの搭載は?

エコーズの前作である、ファイアーエムブレムifから搭載された「フェニックスモード」。死んでも次のターンに生き返るという、絶対にクリアできるであろうモードは搭載されるのか?

フェニックスモードはまさに死なないモードのため、戦略というものをまったく必要とせずクリアできてしまいます。正直シュミレーションゲームとして楽しみたいのならオススメできないモードですね。でもシュミレーションゲームとしてではなく、キャラクター育成ゲームみたいな遊び方なら面白いかもしれません。

特に前作はキャラクターたちの恋愛も、ゲームを楽しむ重要な要素でしたので、そういった楽しみ方はありだと思います。

今回はフェニックスモードはない模様です(3/20追記)

 

スポンサーリンク

 

オススメなのはカジュアルモード

「カジュアルモード」というのは、キャラクターが死んでしまっても、次のマップには復活しているというモードです。ゲーム上でも死亡ではなく、「撤退」として扱われます。このモードだと自分は死なせるつもりがなかったのに、誤って死なせてしまってもそのままマップをクリアできます。もともとファイアーエムブレムにはこのモードがなく、死んでしまったキャラクターは基本的に生き返らないものでした。エンディングでのキャラクター後日談でも、死んだものとして扱われます。

ファイアーエムブレムらしい遊び方はこれ

それは「クラシックモード」。一度死んだキャラクターは生き返らないモードなので、キャラが死なないように慎重にプレイする必要があるモード。特に思い入れのあるキャラが死んでしまったときには、リセットが必須です。マップの終盤となるボス戦で死んでしまうと、そのマップをはじめからやり直すことになる鬼モード。

でも長らくこのモードがファイアーエムブレムでは普通でした。それゆえにコアなファンがいる一方で、新しいファンが増えないというジレンマを抱えていたゲームでした。前述のカジュアルモード搭載で、一気にファイアーエムブレム人口を増やしたといっても過言ではないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ファイアーエムブレムの経験者であれば、クラシックモードに挑戦するのもいいかもしれません。キャラが死んでしまうのがどうしても耐えられないなら、カジュアルモードで遊びましょう。自分の経験や考え方に合わせて難易度が選べるのも、このゲームのいいところなのですから。

これからソフト発売に向けて、新しい情報がどんどん出てくると思うので、新しい情報が入り次第お伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

-ファイアーエムブレム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 海上で妖術師との戦闘 2章8

海賊船かと思いきや、乗っているのは妖術士ばかりの不気味な船。ある意味海賊よりも厄介な相手だ。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 2章7 記憶の欠片と海賊討伐   基本情 …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 迷いの森を抜けて賢者ハルクに会いに行く

さすがに迷いの森だけある。同じ風景が続くので、自分がどこにいるかわからなくなります。幸いそんなに広くはないので、グルグル回っているうちに賢者の里にたどりつけます。   前の話はこちら FEエ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ミラの神殿で目にしたものは・・・ 3章8

ついにミラの神殿にたどりついたセリカたち。しかし変わり果てた神殿にいたのは、リゲル軍だった・・・   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 竜のほこらに復活の井戸   基本情報 …

ファイアーエムブレムヒーローズ

FEヒーローズのセシリアが大活躍

星4ですがセシリアが意外と強いし見た目もお気に入りなので、常に使っていたりします。封印の剣ではセシリアは色々とつらい目にあっていますが、FEヒーローズでは大活躍キャラですね。   セシリアは …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ソニアを砂漠の南で倒す 3章5

ディーンかソニアのどちらを仲間にしたいかで選ぶマップ。北のディーンを倒せばソニアが仲間に、南のソニアを倒せばディーンが仲間になる。こちらは【ディーンを仲間にしたい場合】に選ぶ。   前の話は …