グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

ファイアーエムブレム

ファイアーエムブレムエコーズの特徴とは?

投稿日:2017年3月16日 更新日:

ファイアーエムブレムエコーズイメージ

今回の記事では、いつものファイアーエムブレムシリーズとは異なる、エコーズの特徴を書いていきます。既存ファンの方もはじめてファイアーエムブレムをやる人も必見ですよ。

 

スポンサーリンク

 

キャラクターはフルボイス

今までのファイアーエムブレムはボイスが入っても一部でした。2015年発売のファイアーエムブレムifでは、そこそこしゃべっている印象がありましたが、実際にはそうでもないようです。

ファイアーエムブレムエコーズでは、主要な会話はシリーズ初のフルボイス展開となるようです。今のゲームは声が入っていて当たり前になってきていますから、この流れも当然かもしれないですが、いままでに増してキャラクターに愛着がわいてきますね。

ファイアーエムブレムではじめてキャラが喋ったのは、2005年発売の「蒼炎の軌跡」だったと記憶しています。蒼炎の軌跡では各所で入るムービーに対して、キャラがしゃべりました。エコーズでは「主要な会話」となっているので、拠点での会話などでもしゃべるのだと思います。

 

ダンジョン探索がある

ファイアーエムブレムシリーズは、将棋盤のようなマス目を移動して遊ぶゲームですが、エコーズではなんとダンジョン探索もします。たとえば洞窟の中などに入れるようです。洞窟を探し回るイベントなんかがあるのかな?

そしてダンジョン探索中にも敵との遭遇があります。シンボルエンカウントといって敵の姿が見える遭遇のしかたなので、戦いたくなければ避けるようにすればいいみたいです。追いかけてくるかもしれないので、だとしたらちょっとしたスリルが味わえますね。敵が無限にあらわれるのだとしたら、キャラクターの強化もダンジョン内でできるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

弓兵がとなりのマスを攻撃できる

これは今までファイアーエムブレムをやってきた人からすると衝撃ではないでしょうか? 特殊な武器をのぞいて、弓兵は離れた敵しか攻撃できなかったですからね。となりのマスでも攻撃できるということは、かなり便利な職業になっていると思います。きっと防御力が弱いとか移動力が低いなどのバランス調整はされていると思いますが、一人は出撃枠に入れておきたい職業になるかもしれません。

 

まとめ

エコーズにおいて、通常のファイアーエムブレムと違う点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? フルボイスはともかく、ダンジョン探索や弓兵のシステムは既存のファイアーエムブレムファンからすると邪道に感じるかもしれませんね。

 

ファイアーエムブレムエコーズの話題は次回の記事でも取り上げますね。お楽しみに。

 

スポンサーリンク

-ファイアーエムブレム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ミラの神殿で目にしたものは・・・ 3章8

ついにミラの神殿にたどりついたセリカたち。しかし変わり果てた神殿にいたのは、リゲル軍だった・・・   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 竜のほこらに復活の井戸   基本情報 …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 セーバーをノーヴァの港で雇う

港から船で海を渡りミラ神殿を目指すセリカたち。しかし今は船が出せないという・・・。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 ノーヴァ島の墓地でゾンビ出現 2章1   目次1 …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ティータ救出 ヌイババ館にて 4章10

  前の話はこちら FEエコーズ 恐山のほこらで宝を手に入れる 4章9   目次1 ティータを牢屋から救出1.1 ヌイババに真実を聞かされたアルム1.2 ヌイババの使う魔法はメデュ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ソニアを砂漠の南で倒す 3章5

ディーンかソニアのどちらを仲間にしたいかで選ぶマップ。北のディーンを倒せばソニアが仲間に、南のソニアを倒せばディーンが仲間になる。こちらは【ディーンを仲間にしたい場合】に選ぶ。   前の話は …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 セリカは死の沼でジュダに取引を持ちかけられるが… 4章1

4章もセリカ軍から進めていきます。セリカ軍を進めておかないと、アルム軍が途中から進めないためです。3章はセリカ軍のほうが難易度が高い感じでしたが、4章はどうでしょうね( ̄ー ̄)   前の話は …