グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

ファイアーエムブレム

FEエコーズの最新ストーリー情報 3/19更新

投稿日:2017年3月19日 更新日:

ファンタジックな本

全体のストーリーが明らかになってきたので、あらためてファイアーエムブレムエコーズのストーリーを、こちらの記事でまとめたいと思います。

 

ファイアーエムブレムエコーズの世界

今作の舞台となるバレンシア大陸は、北をドーマ神、南をミラ神が支配しています。ドーマとミラは兄弟神で、2神は遥か昔にお互いの思想の違いから対立しましたが、今は支配する土地を南北に分けて不可侵としたことで、大陸の平和が保たれて来ました。

しかし北のリゲル帝国の皇帝の甥にあたるベルクトが、南のソフィア王国宰相ドゼーをそそのかし、ソフィア国王を暗殺したことで、事態は急変します。ベルクトは次期皇帝の座を狙い、武功を立てるためにソフィア王国へと侵略します。

ソフィア王暗殺により、事実上リゲル帝国に支配されてしまったソフィア王国を、リゲル帝国から解放するために、ソフィア軍の騎士だった「クレーベ」が、ソフィア解放軍を立ち上げました。

 

スポンサーリンク

 

アルムはなぜ旅立つことになったのか

アルムはソフィア王国の辺境の村「ラムの村」で育ち、祖父である騎士マイセンに鍛えられた戦士。ソフィア宰相ドゼーにより、ソフィア国王が暗殺された事実を知り、持ち前の正義感で、祖国をリゲル帝国より開放し平和を取り戻すため、ソフィア解放軍に参加することになります。ソフィア解放軍の一員「ソルジャールカ」の手引により、ラムの村の幼なじみたちとともに参加します。

幼なじみたちというのは、大家族の長男で家族思い「村人ロビン」、読書と歴史の研究が好きな「村人クリフ」、商家の生まれで世慣れしている「村人グレイ」、アルムを一途に慕う「村人エフィ」です。

 

スポンサーリンク

 

セリカはなぜ旅立つことになったのか

幼少期をアルムと同じラムの村で過ごすが、ある事件をきっかけにソフィア王国南東の島にある修道院に預けられ、神官として暮らします。しかし、アルムに関する不吉な夢と国を覆う異変について調査するために、ミラ神殿を目指して旅立ちます。

セリカには同じ修道院の仲間や、旅の途中で知り合った者たちが力を貸してくれます。セリカに仕える身でありながら親友でもある「魔道士メイ」、同じくセリカに仕えるメイの幼なじみの「魔道士ボーイ」、修道院で暮らすセリカたちの妹分の「シスタージェニー」。もともとはリゲル帝国の軍人だった「傭兵セーバー」、家族を殺した海賊に復讐を誓いセリカの力を借りて復讐を果たした「アーマーバルボ」などです。

 

まとめ

少しずつ主人公たち(アルム・セリカ)の仲間たちが明らかになってきましたね。そして敵の存在も。また新しい情報が入ったら、記事を追加します。

 

スポンサーリンク

-ファイアーエムブレム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 南の砦を取り戻す 1章5

南の砦を守っているのは正規の訓練を受けた兵士たち。「今までの盗賊たちとはワケが違う」とロビンは躊躇するが、グレイがうまく説得し砦の奪回に向かうことに。   前の話はこちら FEエコーズ ハー …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 一騎当千のマチルダが加入する

ついにマチルダさんが解放軍に加入。クレーベと同じくらいの実力と誰かがいっていたけど、クレーベよりも二回りくらい強い印象。解放軍の中でも一番強かったりするヽ(^◇^*)/   前の話はこちら …

ファイアーエムブレム風花雪月が発売決定!発売日はいつだ?

ファイアーエムブレム風花雪月が発売決定!発売日はいつだ? ファイアーエムブレムの完全新作である「風花雪月(ふうかせつげつ)」の発売がようやく発表されました。 もともと2017年1月に2018年に発売さ …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ノーヴァ島の墓地でゾンビ出現 2章1

ノーヴァ島を出てソフィアに向かうには海を渡るしかない。そして海に出るには港に行き船に乗る必要がある。港に向かうためには、魔物が出るという墓地を通らなければならないのだった。   前の話はこち …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ドーマの塔でジュダと秘密の取引をするセリカ 4章6

ファイアーエムブレムエコーズの記事を久しぶりに書きました。 11月8日にMiiverseのサービスが終了するということなので、スクショをMiiverseに頼っていた身としてはちょっとあせりました(´- …