グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

ファイアーエムブレム

FEエコーズ ドーマの塔でジュダと秘密の取引をするセリカ 4章6

投稿日:2017年9月26日 更新日:

ファイアーエムブレムエコーズイメージ

ファイアーエムブレムエコーズの記事を久しぶりに書きました。

11月8日にMiiverseのサービスが終了するということなので、スクショをMiiverseに頼っていた身としてはちょっとあせりました(´-ω-`)

今書かないとキレイな写真がブログに上げられなくなっちゃうので、何とかサービス終了までに本編のストーリーを書きたいと思っています。

 

前の話はこちら

FEエコーズ ハード攻略 ジュダとソニアの関係が気になる 4章5

 

ここからはネタバレ含むので、これからプレイする人は閲覧注意です。

ミラに会うためにドーマの塔へやってきたセリカたち

神殿だけあって厳かな雰囲気の塔。

しかし塔内を闊歩するのは、スケルトンやドラゴンゾンビなどのおぞましい魔物たち。

塔の最上階でジュダが待っていた 

早速ミラに会わせてとジュダに迫るセリカだけど、ジュダの返答は「ここにはおらぬ、地下のドーマ祭壇にいるのだ」とのこと。

 

さすがのセリカもだまされたと思ってジュダに詰め寄るけど、ジュダは素知らぬ顔。

だからジュダを信用しちゃだめだってあれほど言ったのに(´・ω・`;)

 

ミラの変わり果てた姿

納得のいかないセリカに対して、ジュダは遠見の術でミラの現状を見せる。

そこにはミラの変わり果てた姿が…

コンラートたちにも見えるようで、動揺が広がる。

ジュダにも理由は分からないらしいが、ミラは封印されるときにファルシオンも道連れにしたようだ。

しかしそれはジュダにとっては些細なことのようで、これでドーマの邪魔をする者がいなくなったと喜ぶ。

 

再びジュダがセリカに取引を持ちかける

ミラを開放したければドーマにセリカの魂を捧げよ、と再びジュダがセリカに持ちかけた。

当然仲間は猛反対、しかしなぜかセリカは諦めムード(ノД`)・゜・。

 

聖痕を持ったセリカの魂を捧げればミラが解放される、というのはジュダのウソかもしれないのに、なぜか信じて疑わないセリカ。

仲間たちはなんとかセリカを説得しようとするが、ジュダの転移の術で地下に落とされてしまう。

セリカだけがその場に残され、遠見の術でアルムの奮闘するさまを見せられることに。

 

まとめ

結局セリカはジュダの手に落ちてしまいましたね。

ジュダの言葉に惑わされず、他に手があるかもとは考えなかったのでしょうか?

こうなると頼りはアルムのみとなってしまいました(。・人・`。))

 

続きはこちらから

FEエコーズ ドーマのおぞましいチカラ 国境の戦い 4章7

 

エコーズの記事をまとめましたのでご利用ください

ファイアーエムブレムエコーズ特集

 

-ファイアーエムブレム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ラムの谷の突破戦 1章4

アルムくん、あれをごらんなさい。ルカが指し示すところにいるのは「敵軍となるドゼー軍の兵士」。南の砦が近づいてきたからだという。どうやら盗賊達を雇いこのあたりを守らせているようだ。   前の話 …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ソフィアの森で妖術師軍団と戦う 3章10

妖術師が10体も出現するマップ。アルム軍はセリカ軍にくらべて魔法防御が弱いので、意外と苦戦します。   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 ソフィアの北にいたのは・・・ 3章9 &nb …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ソニアを砂漠の南で倒す 3章5

ディーンかソニアのどちらを仲間にしたいかで選ぶマップ。北のディーンを倒せばソニアが仲間に、南のソニアを倒せばディーンが仲間になる。こちらは【ディーンを仲間にしたい場合】に選ぶ。   前の話は …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 ソフィアの北にいたのは・・・ 3章9

ここからはアルム軍のお話です。ソフィアの北でアルムたちを待っていたのは、まさかのあの人物・・・   前の話はこちら FEエコーズ ハード攻略 ミラの神殿内部で語られる真実とは   …

ファイアーエムブレムエコーズ

FEエコーズ ハード攻略 盗賊のほこらでシルクがXXX 1章3

盗賊の森の近くにほこらを見つけたアルム。もともと大地母神ミラを祀っていたのだけれど、最近は飢饉などで誰もお参りしなくなったらしい。盗賊達が住みつくにはちょうどいいだろう、ということで盗賊に捕まった女性 …