グラブルのあるきかた

大手サイトにはない、かゆいところに手が届く内容をお届け!

グラブル システム

グラブルをスマホでやるかPCでやるか 快適なのはどっち?

投稿日:

グラブルをスマホでやるかPCでやるか 快適なのはどっち?

グラブルを快適にプレイする上で気になるのが端末のスピードや回線のスピードです。

ソロで遊ぶ分にはそれほど気にならないものだったりするのですが、マルチプレイで順位を競うような場面では速さが順位に直結します。

グラブルではマルチプレイで1位をとると2位以下よりもいい報酬を手に入れることができるので、スピードは速いほうがいいわけです。

スピードにも色々とありますが、今回は端末のスピードに絞って書きたいと思います。

よく聞くのはiPhoneが早くて快適という意見です。
またガチ勢はデスクトップPCを使っているというのもよく聞きます。

AndroidはReady画面のロードが長いらしく、正直なところ快適にグラブルをできるとは思えません(機種にもよるかと思います)。

僕は外ではAndroidスマホのASUS ZenFone 3を使っているのですが、HPの低いマグナなどのマルチは戦闘に入った途端に終わっているということがよくあります。

速いスマホの場合「攻撃ボタン→リロード→次のターン」の時間が3〜4秒といったところですが、遅いスマホだと10秒以上かかったりします。

倍近い貢献度の差が生まれるためスピードを競うマルチではこの差は致命的で、自分よりランクの低い相手にも簡単に負けてしまいます(奥義硬直を考慮すると単純に倍とはならないですが)。

人それぞれ持っている環境は違うので同じものは用意できないのですが、とりあえず僕自身が用意できる環境でスピードテストをしてみたので参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

 

スピードテストをした結果

テストは
・同じ通信環境
・同じ時間
・同じ敵
・同じ編成
・フルオート
で実施しました。

ゼノイフリートマルチバトル(火属性・HP:約7900万)での比較となります。

参考までにテストで使った編成を載せておきます。



iPhone se 第1世代(2016年発売)

スペック
CPU:Apple A9
メインメモリ:2GB

第1世代のSEです、今なら中古で1万〜1万6千円くらいで手に入るので安いですね。
僕がグラブルのメイン機として使っているのはこちら。

2分31秒
2分29秒
2分43秒
2分32秒
2分40秒
平均2分35秒

ASUS ZenFone 3 (ZE552KL)(2016年発売)

スペック
CPU:Qualcomm® Snapdragon625 (オクタコアCPU)
GPU:Adreno506
メインメモリ:4GB

格安スマホの中でも高性能だったzenfone3、かなり昔の話ですが。
こちらはサブ機として使っています。

2分52秒
3分25秒
2分43秒
2分57秒
3分20秒
平均3分3秒

WindowsノートPC(2016年発売)

スペック
CPU:2.0 GHz Intel Core i3
GPU:なし
メインメモリ:4GB

古いしノートPCなのでスペック弱いです、比較対象のひとつとして加えました。

3分35秒
4分16秒
3分53秒
2分59秒
3分17秒
平均3分36秒

Mac Desktop(2018年発売)

スペック
CPU:3.8 GHz Intel Core i5
GPU:Radeon Pro 580 8192 MB
メインメモリ:32GB

かなりハイスペックなMacのデスクトップPCです。正直ここまでのスペックはグラブルには必要ないですが、比較対象のひとつとして加えています。

2分22秒
2分29秒
2分23秒
2分05秒
2分26秒
平均2分21秒

スポンサーリンク

 

スピードテストの感想

とりあえず順位をつけると、
1位:Mac Desktop(2018年発売)2分21秒
2位:iPhone se 第1世代(2016年発売)2分35秒
3位:ASUS ZenFone 3 (ZE552KL)(2016年発売)3分3秒
4位:WindowsノートPC(2016年発売)3分36秒
という結果になりました。

やっぱり一番早いのはデスクトップPCでした。もちろん僕が使える環境での比較であって、デスクトップPCでもスペックが低ければ順位は落ちるでしょう。

ただMac Desktopは本体だけでも10万円することを考えると安くはないですね。

MacでなくてWindowsだとしてもそれなりの性能を求めるなら10万円近くお金がかかりそうです。

それを考えるとiPhone seが健闘していると思います。2020年6月現在、iPhone seは第2世代が発売され第1世代は価格が安くなっています。中古品とはなりますが1万〜1万6千円で手に入りかなりお求めやすい価格です(もちろんお店によって価格は上下します)。

その価格にかかわらずデスクトップの次に早いというのがいいですよね。

ガチでプレイしている人にとってはデスクトップとの10秒差が大きいかもしれませんが、そこまででない人にとってはコスパがいいです。

ただね、iPhone seは画面が小さい(4インチ)ので見づらいというのが欠点としてあります。
また文字を打つスピードや正確さはキーボードには敵いません。

だからやっぱりガチでプレイする人はデスクトップがいいのかな、と思います。

そこまでグラブルをやるつもりはないという人はiPhoneがいいのかな、というのが僕の結論です。

iPhone seは第2世代が4.7インチ画面となって使いやすくなっていますし、お金に余裕があるならそちらもいいですね。

僕が調べられる環境に限ってのテストでしたが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-グラブル システム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

グラブル リサイクル設定を使いこなして効率よく強化する方法

目次1 リサイクル機能(設定)の使い方を伝授!1.1 リサイクル機能とは1.1.1 但しデメリットもある1.1.2 上記のデメリットを補って余りあるメリット!1.2 自動リサイクル設定の方法1.2.1 …

グラブルをOPPO A5 2020で遊んだら快適なのか?

目次1 グラブルをOPPO A5 2020で遊んだら快適なのか?1.1 スピードテストをした結果1.1.1 OPPO A5 20201.1.2 ASUS ZenFone 3 (ZE552KL)(201 …

グラブル スタンプの設定方法 ゲームの快適度アップ

目次1 スタンプの設定でゲームを快適にする方法1.1 スタンプ設定の場所1.2 【注意】使いにくいスタンプ設定1.3 オススメのスタンプ設定 スタンプの設定でゲームを快適にする方法 みなさん、普段スタ …